歯科経営コンサルティングとプリザーブドフラワー|株式会社グランジュテ

MENU

GW中やってはいけない院長の心得

●GW中やってはいけない院長の心得

 

9連休が多い歯科医院、GW休暇に入る直前からやってはいけない院長の心得を紹介します。

 

GW中に退職を決断するスタッフが多いのも事実です。退職者を出さないためみも是非実行してみてください。

 

①終礼でのダメ出しをしない

明日土曜日は急患が多いでしょう。スタッフが思うよう動いてくれなくても終礼でダメ出しをしてはいけません。

皆GWを楽しんでと感謝の気持ちを。

 

②GW中はスタッフに連絡をしない

楽しい連休、医院のグループLINE等連絡するのは絶対にやめましょう。

連絡を一切せず、院長自らオンオフがしっかり出来ている人としての見本となりましょう。

 

③旅先での大量の写真を送らない

医院のグループLINEに大量に写真を送るのはやめましょう。

スタッフは「綺麗ですね」「凄いですね」と返信しなければいけないのかな?と気を使っているのです。

また、良からぬ嫉妬の種となり兼ねません。

 

④どうしても連絡したいときは

どうしても連絡したいことがある時や忘れてしまうから、LINEしておきたい先生、メモを残しましょう。

休み明けに伝達することをメモするのです。

意外と、連絡する必要のない連絡をしていることに気づく良いチャンスとなります。

 

⑤危ない人には声かけを

GW明け消えそうな人には「笑顔で出勤してね、消えないでね、待ってるね」と正直な気持ちを伝えましょう。

私なんて必要ないのかなと、そのままフェードアウトする新人も少なからずいます。

そういう人材へのフォローも大切です。

 

それでは、GW明け笑顔でお仕事を始められるといいですね!

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

※内容をご確認の上、送信してください。