歯科経営コンサルティングとプリザーブドフラワー|株式会社グランジュテ

MENU

事務長を採用すべきか?

●事務長を採用すべきか?

 

こんにちは、丹野祐子です。

 

事務長を採用したほうがいいですか?

 

事務長を採用する目的を整理してみましょう。

 

・ホームぺージを管理してほしい

・マーケティングをしてほしい

・レセプトが業務を頼みたい

・スタッフ管理労務関係をやってほしい

・秘書としてスケジュール管理をしてほしい

・領収証の整理をしてほしい

・会計入力をしてほしい

 

全部をお願いしたいとおっしゃる先生は多いと思います。

 

私もそうでした。

 

残念ながら、上記全部出来る人は歯科医院レベルで採用することはとても難しい。

 

上記の中から

ホームぺージ、労務関係、領収証管理・会計入力は外部委託できますよね。

 

残るのはマーケティング、スケジュール管理だけ?と思われるかもしれませんが、業務を絞ることでストレスなく事務長を採用できると思います。

 

事務長を採用しても仕事そんなにないかもしれない。

 

という先生は、アウトソーシング型の事務長を依頼またはパートさんで十分でしょう。

 

スタッフが20名以上の医院ですとそれなりに毎日やることがありますが、それ以下ですと事務長何してるだろう?と診療中心配になり余計なストレスになります。

 

自らどんどん仕事を探すタイプの方ならいいのですが、そうでない人の方が圧倒的に多い。

 

本当に常勤の事務長が必要なのか?採用する目的を整理しましょう。

丹野祐子ここだけの話メルマガに登録ください

元CA・元外資系金融勤務丹野祐子が提供するコンサルティング内容について

求人で悩むのはもう辞めませんか求人サービスについて

丹野祐子講演スケジュール

丹野祐子 開業時書いていた10年前のブログ

お問合せ:tanno.yuko1122@outlook.jp

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

※内容をご確認の上、送信してください。