歯科経営コンサルティングとプリザーブドフラワー|株式会社グランジュテ

MENU

シンガポール航空の精神

航空会社ランキング1位に常にランクインする

シンガポール航空に大学卒業後新卒で入社しました

世界No1キャリアであるシンガポール航空の精神に

「絶対Noと言わない」というものがあります

たとえば、乗客が突拍子のないリクエストをしてきたとしても

一旦自分のギャレー(持ち場)に戻り検討します

そんなNoと言わないシンガポール航空

他の航空会社では無理だろうという

乗客も搭乗されます

異国でご病気怪我をされた

日本人の方が

お医者様と看護婦同伴、

酸素ボンベ点滴

座席を12席ほど倒して

簡易ベットを設置し搭乗されました

通常業務のほか、患者さんを気にかけ

ドクターと患者さんの

通訳をしないといけない大変なフライトでした

私はマメに患者さんに話しかけました

「今、マニラ上空ですあと3時間です」

「もう東シナ海ですあと2時間です」

「千葉の海岸線が見えています、あと20分です」

と言ったとき、無反応だった患者さんの目から涙が出たのです

「帰ってきましたよ!」

私も涙がでました

「Noと言わない精神」当医院でも引き継いでいます

持病があり、望む治療ができないとしても、

その場で即Noとは言わず

ドクター、衛生士全員でどうしたらいいか

一旦考えます

当医院は

・エレベータがない

・レントゲン室、トイレは2階

にも関わらず、車椅子の患者さんにも多く

通って頂いています

その他

・重病の方

・障がいを持った方、障がいを持ったお子さんの託児

なんとか治療してあげたい、Noと言わない精神

シンガポール航空が教えてくれた素敵な精神だと思います

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

※内容をご確認の上、送信してください。