歯科経営コンサルティングとプリザーブドフラワー|株式会社グランジュテ

MENU

9月8日スペシャルセミナーのご案内

私が歯科医院経営に携わっていたとき、増え続ける患者に対応するため歯科助手は先着順で採用、歯科医師は全く応募すらなく途方に暮れていた時期がありました。



当時はスタッフとのコミュニケーションも苦手で医院の懇親会や社員旅行が苦痛でしょうがありませんでした。



スタッフを採用できてもも滝のように辞めていく。



いつの間にか医院は激務に耐えられるベテランスタッフ数人と新人だらけという医院にになっていました。



経営者として行き詰っていた時に出会ったのがネッツトヨタ南国(株)取締役相談役の横田英毅氏でした。



横田氏に「40名を超えるスタッフの名前を覚えられない」とボヤたところ、横田さんから40名で覚えられなのは「まずいね」と言われました。



スタッフを話すのが苦手と言うと「仕事だと思えばスタッフと天気の話ぐらいできるでしょ、あなたが今すべきなのはES従業員満足度を高めること、CSは勝手に上がる」「スタッフカルテを作って名前、趣味、家族構成を覚えること」



今から思えば経営者として当たり前のことが出来ていませんでした。



ESといえば豪華な懇親会、社員旅行さえしてればいいと思っていました。

 

そうではなかったんですね。ESというのはスタッフに興味を持つこと。お子さんの人数、お子さんの名前を覚える、そろそろ小学校に上がる頃ね?と会話すること。



スタッフと会話ができるようになると自然と退職者が減り、人員が安定するようになりました。



弊社の採用ノウハウの原点はネッツトヨタ南国(株)の影響を多く受けています。



私にとって救世主のような存在である、横田氏を弊社スペシャルセミナーの講師としてお呼びすることになりました。



・スタッフが滝のように辞めていく

・スタッフとの関係性が悪い

・スタッフが定着しない

・採用に行き詰っている

・教育方法が分からない



先生、是非参加お待ちしております。

フェイスブックにて先行告知しましたところ、定員40名のうち半数の申込を既に頂いております。



【日時】9月8日(日)

【時間】13:00~17:00 セミナー

    17:00~18:00 懇親会(参加費用無料同会場)

【開催場所】TKP八重洲カンファレンスセンター

【費用】5,000円

 

【申込みはこちらから】



【講師】横田英毅 

ネッツトヨタ南国(株)取締役相談役

株式会社ビスタワークス研究所顧問

1917年より続く西山グループの資本家の一員として、数社の代表取締役を務める。グループ系列企業数社を経て、副社長に就任したネッツトヨタ南国では、1980年の設立初から経営の最重要テーマとして「人づくり」の問題に取り組み、1987年、同社代表取締役社長。2007年、同社代表取締役会長。2010年、同社取締役相談役に就任し現在に至る。

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

※内容をご確認の上、送信してください。