歯科経営コンサルティングとプリザーブドフラワー|株式会社グランジュテ

MENU

日曜日診療と採用の今後

●日曜日診療と採用の今後

 

歯科医院採用コンサルタントの伊藤祐子です。

 

年内採用コンサルは締め切りまして、現在2月に1医院、3月はまだ申込み可能です。

 

弊社が納品する求人広告ほか医院オリジナル採用ツールはコンサル後5年に渡って使用できます。

 

スタッフの退職が決まったら、求人広告の「掲載」をクリックするだけでいいのです。

 

実際あった話で、スタッフの退職が決まったので弊社に再度費用を払って採用を依頼しようとした先生がいらっしゃいました。

 

私はまず「掲載」ボタンを押してください。それで採用できなかったら弊社がもう一度お手伝いします、と先生に伝えました。

 

そうしたところ、翌日には応募があり、無事スタッフを採用できたというエピソードがあります。

 

スタッフの退職が決まって弊社に依頼する前に、できれば早めに依頼され、もし退職が決まった際は「掲載」をクリックしていただくのが一番いいと思います。

 

なお、ここ数カ月、歯科衛生士の募集に関して、日曜日診療している歯科医院での採用が大変難しくなってきました。

 

よって、来年以後、弊社も日曜日診療されているクリニックの採用コンサルをお断りを検討しています。

 

日曜日診療されている先生で、社保完備+週休3日でしたら、なんとか採用できます。

 

また、午前中休みにして週休2.5にされる医院もありますが、スタッフからしたら「午前中休でも何もできない」と午前中休みはメリットではありません。

 

若い人材が減っている現在、条件も来年に向けて変更を検討されるといいでしょう。

 

 

コメントをどうぞ

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

※内容をご確認の上、送信してください。